9.婚活の背景に有る物1

現在は多くの人が所謂婚活を行なっています。このように婚活をする人が増えた原因は、婚活、しいては結婚しにくくなった時代背景が有ると言えます。ここでは結婚、しいては婚活が難しくなった時代背景について考えてみたいと思います。
近年日本でずっと社会問題となっているが少子化の問題です。子供が急激に減っていることからもわかるように、現在の日本では結婚をしたくないと考える男女が多くなってきています。
現在婚活をしている人達は、結婚したいという願望を持って、異性のパートナーを探しているわけです。それでしたら結婚に対して前向きな人達であると言えます。ですがこれとは別に、始めから結婚したくないと考える人も確実に増えています。
どうしてこの人達は結婚したくない、と考えているのでしょうか。以下に幾つかその理由を挙げてみることにします。その理由を見ると、少しだけ納得できる時代背景も見えてきたりします。結婚したくない理由としては以下のようなものが有りました。
結婚したくない男性の意見
①現在は便利な家電が有るので一人で家事をするにも決して困らない。
②現在はコンビニも外食も多くあって、尚且つ24時間利用できるので食事の心配も必要ない。
③給料が安くて、とても二人では暮らすことができない。
④自由な生活が好きである。パートナーができて、それによって制限を受けることがうっとうしいく思える。
⑤子供が嫌い。
等と言ったところです。皆さんが男性だったら、こうした理由に納得出切るところは有りますか。皆さんが逆に女性だったら、こうした理由をどのように思われますか。今度は逆に女性の場合について紹介します。
結婚したくない女性の意見
①家事が嫌い。家事をしたくない。
②現在の仕事を辞めたくない。また結婚することで様々な束縛を受けるのも嫌である。
③出産や育児をしたくない。
④相手の親の面倒を見るのは嫌だ。
⑤自由が失われる、自由に動けなくなりそうで不安を感じる。
等といったところです。こうした理由に、皆さんは納得できるところが有りますか。
ここ最近の10年から20年の間で、確実に時代は所謂「一人でも生きていける」環境になりつつあります。というのも一昔前ならば、家庭では女性が料理を作って、その他の家事をしていました。そして男性が外で汗を流して働いていました。そのように二人で分担して行なう姿が普通でした。
ですが現在は様相が異なってきています。現在なら例えば24時間できたての熱熱の食事が、お金さえ払えばリーズナブルに食べられるようになりました。家電製品も便利になり、家事の手間も昔に比べて遥かに楽になりました。また核家族化の影響によってお年寄りとの生活が少なくなり、家庭料理の味も、そしてその作り方も知らないまま大人になってしまう男女も多いのです。

pickup

最終更新日:2017/12/1




>>>お問い合わせ